その他
placeholder image

『エモい古語辞典』

2022.09.17

堀越英美
朝日出版社 定価 1782円

ご先祖様たちは、言葉の天才だったようだ。

桜は「ゆめみぐさ夢見草」、ウグイスは「歌詠みどり鳥」、雲がないのに降る雨は「てんきゅう天泣」、人知れず声を潜めて泣くことは「忍びね音」、朝が次第に明けていく様は「らほが朗ら」。

震える。こんなフレーズを使っていたなんて。その美的センスはもちろん、目の前の事象から召喚した言葉のロマンティックさ。粋な見立て力。すいう翠雨、りっか六花、つきば月映え、いとゆう糸遊、しんじゅぼし真珠星、さゆらぎ、ゆらら、とことわ、みさみさ。

見ているだけでも口に出しても、みやびだ。エモい。字面やリズムから、優しさや清らかさのようなものが溢れ出ている気がする。この言葉たちと向き合っていると、穏やかな心地にすらなる。

昔の人たちのマインドは、なんてやわらかく奔放なんだろう。古語は心を洗ってくれる。

(紹介:Floating Stories)

【応募方法】
3名様にプレゼントいたします。メールでご応募ください。
件名「ブック応募」 
応募図書の名前、お名前、郵便番号、ご住所、電話番号、所属の都道府県看護連盟、生年月日(西暦)
を記載の上、info@kango-renmei.gr.jp宛に送信してください。

応募はこちらからも可能です

締め切り:2022年10月31日(月)
当選の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

日本看護連盟のコミュニティサイト アンフィニ
日本看護連盟のコミュニティサイト アンフィニ
日本看護連盟

 © 2020 日本看護連盟 アンフィニ