その他
placeholder image

すべて忘れてしまうから

2020.10.03

燃え殻
扶桑社 定価 1,500+税

昔の写真を見返すと、それが赤の他人のものであっても、不思議な感動を覚える。その人がそのとき確かに存在していたことと、 もうその瞬間は戻ってこないという事実が立体化して、自分の記憶と出会うような心地がする。
燃え殻は自分の経験と思わしき出来事を、乾いた笑い、都会的な孤独、ほのかな切なさを折り込んで、しみじみとした 味わいのある小噺に仕立て上げる。レコーダーから聞こえてくる死んだ祖母の声、新宿にあるという「森」、団地の明かりが 一斉に消える瞬間を母親と妹と見ようとした屋上、友人の風呂なしアパートのこたつでMTVを見る幸せな時間。著者の人生の 出来事のようで、よく練られたフィクションのようでもある。
どちらでもよいと思う。本書で語られる小噺は、読み手の私や、この世界の誰かのものとして、記憶の回路をじんわり 満たしてくれる。夜明けに見る夢を具現化したような、アナーキーでポップな長尾謙一郎の挿絵も素晴らしい。

(大橋礼子)

【応募方法】
メールでご応募ください。
件名「ブック応募」 
応募図書の名前、お名前、郵便番号、ご住所、電話番号、所属の都道府県看護連盟、生年月日(西暦)
を記載の上、info@kango-renmei.gr.jp宛に送信してください。

応募はこちらからも可能です

締め切り:2020年10月31日(土)
当選の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

日本看護連盟

 © 2020 日本看護連盟 アンフィニ